カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介
有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。
フリーページ
rss atom
“ホロ爺のブラックタイ”発売にあたって



2013年2番目の新製品は、格調高く、威厳に満ちたブラックタイとなります。

ブラックタイはもともと、夜間の晩餐会、パーティでの礼服で、タキシードとともに着用されるもので、そのドレスコードの名称にもなっています。
ブラックタイと言えば、ホロヴィッツのイメージは薄く、彼が締めているのを1度も見たことがないと思いきや、ちゃんと写真が残されていました。



写真は、1976年カーネギー・ホール85周年を祝った"The Concert of the Century"=史上最大のコンサートホロヴィッツの他、メニューイン、ディスカウ、ロストロポーヴィチ、バーンスタイン、スターンという目玉が飛び出そうな超豪華スターが一同に会した文字通り世紀のコンサートのステージで、その全員がお揃いのタキシードに大小まちまちのブラックタイを着用し、ヘンデルの「メサイア」の“ハレルヤコーラス”を唄う姿ですが、全員がそれぞれの形をしたブラックタイをしている中、ホロヴィッツのブラックタイは、いつもの如く、ホロヴィッツだけの極上の形をしているのでした。

今回、この““ホロ爺のブラックタイ”=英名“Off Key Hallelujah”と命名しましたタイも、前回発売の“ザ・ラスト・ロマンティック”同様、剣巾は3.5インチ=8.89cmのグランディサイズで、きっちり締め上げると、ホロヴィッツのようにアゲハ蝶が羽ばたいているようで非常にロマンティックなシェイプに結び上がります。

2013年5月27日  
ホロ爺のボウタイショップ
代表 有村英仁