カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介
有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。
フリーページ
rss atom
ケンプ/Kempff、及びケンプ・ブラック/Kempff Black 発売に当たって




今年最初の新製品としてリリースいたしました‘50sヴィンテージスタイルで白黒フォーマルのレニー/Lenny、及びレニー・ブラック/Lenny Black に引き続きまして、今度は、‘50sヴィンテージスタイルで、かつ、ホロ爺のボウタイショップ初となります剣先の尖がったポインテッドピークの白・黒フォーマルの“ケンプ/Kempff”、及び“ケンプ・ブラック/Kempff Black”を発売いたします。

このポインテッドピークのホワイトタイを好んでステージで愛用したドイツ生まれの往年の名ピアニスト、 正統派ドイツ・ピアノ音楽の巨匠・ヴィルヘルム・ケンプ(1895-1991)は、ベートーヴェンのピアノソナタ全集吹き込みを4度行い、1936年から10回にも渡り来日した親日派でもあり、日本とはとても縁の深いピアニストでした。ドイツ・グラモフォンに残した多くの録音は、現在、日本でも入手可能で、中でも、ユニバーサルミュージックから発売されている1960年代に録音した「ケンプ名盤1000」シリーズのアルバムの数々は、ケンプの温厚で人間味あふれる人柄と音楽性から来る非常におだやかで心地良い響きを持つピアノの音色を聴くことが出来、その中には、彼の愛したこのポインテッドピークのホワイトタイ姿のジャケットのアルバムが複数あります。



このモーツアルトのピアノ協奏曲第23番と第27番の入ったアルバムのジャケットに見られるポインテッドピークの剣細のホワイトタイは、さりげなく手結びされたその深い味わいが、ピアノの柔らかな音色と相まって、彼の暖かく温厚な人柄が偲ばれるものとなっております。

2017年4月11日
ホロ爺のボウタイショップ
代表 有村英仁