View Cart

店主:有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。


HOROWITZ 1977”をお送りしたお客様からお寄せいただきましたとても身に余るお褒めのお声の数々を集めてみました。

*「早速ですが開封して現物を拝見いたしましたところ、かなり忠実にオリジナルが再現されていて大変満足しております。」

*「今日、無事に届きました。ディスプレイで見たイメージよりも白鍵部分の色合が良く、 とても気に入りました。」

*「私は熱烈なホロヴィッツファンですが、よくぞこの様な素晴らしい蝶ネクタイをつくって下さり、心より感謝致します。ホロヴィッツファンなら誰もが見覚えのあるこの蝶ネクタイをまさかご自分でつくられるとは、驚きとともに心から頭が下がる思いです。」

*「ボウタイが自宅に届き拝見いたしました。なんと美しいことでしょう!」

*「お陰様でコンサートは無事に終了いたしました。終演後、多くの方がボウタイに感動してらっしゃいまして、僕も本番ではボウタイの力を借りて演奏いたしました。」

*「これを付けて登場したら、ドっと歓声がわき、お客さんを味方につけることが出来ました!(笑)」

*“Many,many thanks for the beautiful things which you sent to me. I am so happy to have the bow tie you sent."

*“I love your bow ties and will wear them with great pleasure. Especially Horowitz has a special place in my heart and the Horowitz bow tie is just awesome.”

大変嬉しいお言葉をいただきました皆様、どうもありがとうございます!