View Cart

店主:有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。


"SERKIN"発売にあたって



2012年の最初の新製品は、厳かで無垢なフォーマルなホワイトタイの登場となります。時代は、"The Golden Age Of The Piano"=「ピアニストの黄金時代」と呼ばれた19世紀終わりから20世紀半ばに戻ります。

ボウタイはショパンが没した直後の1850年代のイギリスに誕生したという説が一般的に広まっていますが、筆者はそれを覆す証拠となる絵画を偶然、発見し(コチラ)、17世紀のフランスで誕生したという結論に達しました。 17世紀にボウタイが誕生したフランスの貴族社会にも、いち早く時代を先取りする西洋音楽は浸透していきました。ピアノがイタリアのクリストフォリにより1709年に発明され、ヨーロッパにサロンで活躍する職業ピアニストが登場し、現在の形式のホールでのコンサートを始めたフランツ・リストを経て、ロマン派の時代は開花し、華やかな「ピアニストの黄金時代」に生きたピアニスト達にとって、リサイタル本番前に控室の鏡の前で一人燕尾服を着て、ホワイトのボウタイを結ぶ行為は、これから世界一孤独な場所であるステージに行き、コンサートピアニストに変身するためのおまじないであり、作曲家の魂との融合を図る儀式でありました。そして、“ボウタイを結べる”ということは、グランドマナー(1990年に発売された"The Golden Age Of The Piano"のLD盤の日本語訳では、「騎士道精神」と訳されています。)を持ち合わせている証なのであり、マエストロへの道への通行証であったと考えます。この最上級礼服の燕尾服にホワイトタイ、若干略式礼服の夜間のタキシードにブラックタイの組み合わせが定着してきた中で、インスタントでイージーなpre-tiedホック式の蝶ネクタイが登場してきて、徐々に巾を利かせてきた今日であっても、このグランドマナーを大切にしたピアニスト達は、ボウタイにおいては頑なに手結びのその儀式を守り通して来たのです。

1930年代のホロヴィッツが燕尾服にこのホワイトタイを締めている写真はありますが、後年には見当たらず、1965年のヒストリックリターン後は、コンサート本番では、燕尾服ではなく、モーニングを着用したためか、ホワイトタイではなく、頑なにグレーのボウタイを使用し続けました。このホワイトタイを着用したピアニストは多いのですが、私がまず思い浮かべるのは、ホロヴィッツと同年生まれのルドルフ・ゼルキン/RUDOLF SERKINです。



ホロヴィッツと同年の1903年生まれのゼルキンは、ホロヴィッツより、2年長く生き、1991年に没しました。お互いの若い頃、この2人は親交があったようで、ホロヴィッツのドキュメント映像作品の「ラスト・ロマンティック」にも、ゼルキンの名前が彼の口から出てくるように(ホロヴィッツは「セルキン」と発音しています)、他のピアニストのことをあまり語らないホロヴィッツも珍しく、ゼルキンのことは尊敬していたらしいのです。ボヘミア出身でホロヴィッツと同じくユダヤ人のゼルキンは、ドイツ音楽の正当な後継者とされ、とくにベートーベンなど古典派の演奏の評価が高かったのですが、私は、彼の見るからに誠実で、真摯、格式高い、そして時に直情的な演奏スタイルが大好きです。晩年近くの1987年のウィーン、コントェルトハウスでのライブ録音の「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番、31番、32番」DVDとCDを愛聴しています。

このゼルキンのピアノの調律も担当されていたフランツ・モアさんもゼルキンの深い人間性にただただ尊敬の念をいだかれていて、レクチャーでもよくゼルキンの話が出てくるのですが、ある意味、ホロヴィッツの演奏とは全く逆の趣向を持つゼルキンのピアノ。朴訥で自分の口からは多くを語ろうとしないのですが、真摯に音楽にかけてきた全人生がピアノを通じて語りかけてきて、目頭も心も熱くなるのを覚えます。彼のホワイトタイの結び方には、彼のその人間性と84年の人生が凝縮しているのです。2012年の第1弾の新製品として、このフォーマルなホワイトタイを作りました。名前も、"SERKIN(ゼルキン)"と命名しました。

さて、この"SERKIN(ゼルキン)"の発売には、重要な使命が託されています。「ピアニストの黄金時代」の復活。今日のピアニスト達の儀式の復活。今日、主流となってしまったホック式の蝶ネクタイから手結びボウタイという正道へ戻すべく、2012年から新しく始まる時代の波"The NEW Golden Age Of The Piano"=「ピアニストの新黄金時代」を宣言します。 真剣勝負に挑む勝負師達は、ピアニストに限らず、剣士の面、胴、小手、袴、それぞれの紐、柔道家の柔道着の紐、野球選手、サッカ―選手のスパイク、スピードスケート、フィギュアスケート、陸上のアスリート達のシューズの紐に至るまで、すべては、まず、自分のサイズにアジャストするために、“紐を結ぶ”という行為から始まります。“紐を結ぶ”という行為が、物理的なだけでなく、心までアジャストするところの“心構え”、そして、“けじめ”となっているのです。そういった意味で、儀式たるべき手結びボウタイの普及を促進させるために、現在、ピアニスト、いや、ピアノに限らず他楽器のプレーヤーを目指して勉強をしている学生さん達への啓蒙活動の必要性を感じ、この"SERKIN(ゼルキン)"の購入に際し、「学割価格」を設けました。これで、将来、「私のファースト・ボウタイは、ホック式ではなく、手結びの"SERKIN"だった。」という演奏家の方が増え、しいては、楽壇における手結びボウタイ普及率は増え、ピアニストの新黄金時代は到来し、新しい巨匠達も登場してくるに違いないと想像しています。

最近では、このフォーマルのホワイトボウタイを継承しているピアニストに、ゼルキンと同じオーストリア出身のIngolf Wunder(インゴルフ・ヴンダー)がいます。一昨年2010年のショパンコンクール第2位を勝ち取った彼の大き目のホワイトタイを結んだヴンダーの格式高く、伝統を重んじてスタインウェイで美音を奏でる演奏スタイルは、多くのファンの目と耳を惹きつけ、対照的に近代的超技巧的超個性的スタイルの演奏をファツィオーリを使用し、超美音で弾き通した第3位のロシアのダニイル・トリフォノフ(その後、チャイコフスキーコンクール優勝)とのバトルは、とても見応え聴き応えがあり、新しい時代の幕開けを感じさせました。今後、彼のような手結びボウタイを愛し、伝統や格式を大事にするピアニストが多く登場することを願って、"SERKIN(ゼルキン)"を世に出しました。

2012年2月25日
ホロ爺のボウタイショップ
代表 有村英仁

****************************************

Rudolf Serkin - Beethoven Sonata No. 32, Op. 111 - 2nd Movement - Part I

*Ingolf Wunder/第16回ショパン国際ピアノコンクール受賞者コンサート


*"HOROWITZ 1977"を締めて京都でのコンサートに向かうインゴルフ・ヴンダーさん/2012.12.2